見やすいスマホ用サイトはこちら

浮気されたときの3つのタブー


HOME > 知恵になる話

浮気されたときの3つのタブー

浮気を直感した瞬間、あるいは、証拠を見つけた瞬間は、「まさか!?」という思いとともに、ショックや怒りで、つい我を忘れてしまいがちですが、この最初の行動を誤ってしまい、さらに悪化させてしまうケースが後を絶ちません。

ですのでこのページでは、浮気されたときに、まず初めに知っておかなければならないことについて、お伝えしたいと思います。

まず、多くの人が陥る落とし穴として、次の3つがあります。

書き出してみると本当に単純で、あたりまえに思うことですが、多くの人はわかっていながらも、この三つのタブーを犯してしまい、状況をさらに悪化させてしまうのです。

@『自己流』でなんとかしようとしてしまう。 自分だけの判断か、または友達などの意見に従ってしまう

A『無知』のままに突き進んでしまう

B『感情まかせ』で後先考えずに行動してしまう

そして、これらの単純なタブーを犯してしまうことで、浮気をさらに深刻にしてしまっているケースが本当に多いです。

@の『自己流』でなんとかしようとする、ということに関してもう少し具体的に書きますと、よくあるのが、十分な知識や計画もないままに、「たぶんこれがいいんだろう」と勝手に考えて、それをやってしまうということです。

たとえば、『夫が自分のもとに帰ってきてくれるのを信じて、ひたすら待つ』とか、『帰ってきて欲しいがゆえに、よい妻を必死に演じたり、夫の機嫌をとろうとする』といった行為は、その代表的なものです。

Aの『無知のままに突き進む』ということについては、まず、浮気をしている側と、されている側では思っていることも考え方もすべて違います。

まして、ご主人は男性なのですから、まずは男性の心理や感情、行動の傾向といったものもよく知って、こんなときどうすればいいのか、どんな方法があるのか、どんな点に注意して、どう対応すればいいのか、といったノウハウを知識として知り、知恵として生かして、浮気された側、つまりあなたのペースにもっていくことが大事なのです。

Bの『感情まかせ』というのは、浮気されたときは、不安や悲しみ、怒りなど、さまざまな感情に翻弄されますし、どうしていいかわからない、という気持ちになってしまうものですが、決して、あなたの感情や心理をベースに行動を考えてはいけないということです。

行動のベースは感情主体ではなく、思考と計画がベースでなくてはなりません。

この最初の行動を誤ってしまうと、状況をさらに悪化させてしまうことにもなりかねないからです。

そして、多くの妻が、その危険性に気がついていないのです。

こうしてみると、結局は、@とAとBは一本の線でつながります。

つまり、浮気している相手の心理や感情、行動の傾向をよく知るとともに、こんなときどうすればいいのか、どんな方法があるのか、どんな点に注意して、どう対応すればいいのか、といったノウハウを知識として知り、知恵として生かすことが大切です。


次のお薦めコンテンツはこちら 夫や彼と話し合いをしたいとき 

問い合わせ


HOME - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ