見やすいスマホ用サイトはこちら

彼の携帯には浮気のメールが・・・・・


HOME > 知恵になる話

彼の携帯には浮気のメールが・・・・・

寄せられたご相談の中から、ごく一部ですが、対応の様子をご紹介します。ご相談者様にはご同意いただいていますが、

プライバシー保護のため、相談者は仮名とし、相談内容も一部変更&中略しております。


(クライアント様からのご相談  主婦・H様)

牧口さん、こんにちは。Hです。

いつもすばやいお返事をありがとうございます。

こんなに親身に話しを聞いていただけるとは思ってもみませんでした。感謝しております。

マニュアルも読ませていただきました。あのマニュアルは素晴らしいです。

読んでいて、自分でも意味のわからない涙が出てきました。

私は大学生のころから、5年半付き合っていました。

2007年の7月に結婚した新婚です。

私の仕事の関係で・・・お互い就職3年目に結婚することになりました。

夫も結婚するつもりではいたと思いますが、こんなに話しが早く進むとは思っていなかったようで・・・3月に婚約、6月に結婚式

結婚式の準備期間に、夫はAさん(30)に出会いました。

(中略)

7月になって結婚して、気になっていたので、夫の携帯を見ました。

やはりAさんとのメールが頻繁でした。

日が経つにつれ、メールを削除するようになりました。

過去に私がメールを見て喧嘩したことがあったので、警戒したようです。

毎日20件くらいのやりとりがありました。

メールは削除されていましたが、予測変換機能から考えると、

Aちゃんに会いたい

また明日ね

迎えに行くよ

待ち合わせね

そんな言葉を交わしているようです。

9月になって、仕事で遅くなると言っていた夫が、体じゅうに顔じゅうに、化粧ラメをつけて帰ってきました。

さすがにラメだらけの夫を追及しました。・・・が、ついてないの一点張り。

ついてました。たっぷりと。

その後財布の中も毎日チェックするようになってしまいました。

仕事で遅いという日には大抵会ってます。

週に、平日3回は・・・・

メールは、

ちょこっとだけ会える

今から行きます

気持ちよかったよ

凄くエッチ 

切ない思いさせてごめんね、と・・・

車の中も調べました。

ホテルの割引カードを見つけました。

どこのホテルかも、探し当てました。

Aさんの自宅付近でした。

(中略)

実家に帰ったときのことです。

いろいろ相談していたら、8時近くになってしまい・・・

帰ったら夫は怒っていました。私も悪かったとあやまりましたが、心が落ち着かなかったので、『ごめんね、反省してきます』と家を出ました。

今まで、こんな強気な態度で出たことはなかったかもしれません。

・・・夫はびっくりしたようですが・・・

『後輩の結婚式が終わったら離婚しよう』とメールが来ました。

『俺の生活が変わってから何か考慮してくれたか?

自分は勝手に出て行って。俺も家を出ます』

そのメールから20分くらいで帰宅しました。

そんなに勝手なことをするなら、俺も勝手にさせてもらう。家を出るからの一点張り。

今日は仕事と言いながら、Aさんに『 月曜連絡するね』というメールをしていて、今日は帰らないといいました。泊まってくるようです。

今朝・・・最後の朝ごはんと思って気持ちよく送り出したつもりです。

何日か帰ってこないことは覚悟しています。

とはいっても・・・いつもどおりの軽装備・・・何日持つのやら・・・

 ※ ここまでのHさんのご相談は、数回に及ぶやりとりをまとめて、短く掲載してあります。Hさんとは、このあとも引き続きメール相談を行わせていただきました。

 そして、浮気の解決に向けた準備を進めてこられた結果(二ヶ月半ほど経過したころです)、Hさんから、以下のようなメールをいただきました。

牧口さんこんにちわ。お世話になっております。

あのマニュアルは、毎日繰り返して読んで体にしみこませてきました。

昨日、すべての条件が揃ったので・・・

牧口さんのアドバイスを思い出して話し合いにもっていったところ、ついに夫は浮気を認めました。

私の中ではすべてシナリオができあがっていたので、夫と話しているときも、不安や迷いもなく、毅然として向き合うことができました。

話し合いのあと、夫は、相手女性と別れるための電話を、私の目の前でしてくれました。

これからは、私と夫との幸せな道が続いていることを信じています。

マニュアルとメール相談のおかげです。

今まで支えていただき、本当にありがとうございました。

※Hさんは、一時はほんとうに離婚を覚悟されていました。

でも、Hさんを含め、浮気を克服される方々というのは、 最後まで望みを捨てず、行動しつづけた方々です。

どうか、あなたもあきらめることなく、再び、 あなたが幸せだと実感できる毎日を取り戻すために、勇気を持って行動されていくことを、心から願っています。

問い合わせ


HOME - 会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - サイトマップ